電話 電話

大阪市城東区のバレエ教室 

市原典子バレエアカデミーSoRa[空]

他主催公演への参加(後編)

1/31(日)にクレオ大阪中央で開催されました、みなみバレエスクール主催による「THE LIGHT FANTASTIC 2021 ザ・ライト・ファンタスティック」に今回、当アカデミーの生徒も出演する機会をいただきましたので、そのご報告の前編に引き続き、後編をお伝えしたいと思います。

前編については、生徒たちが公演当日の自分の出番まで、どのように過ごし自己管理し、集中力を高めていくのかについてお伝えしました。

さて後編、いよいよお客様が会場に入場される開場時間が迫ってくると緞帳幕が下ろされます。その幕中では、ギリギリまでダンサーたちは場当たりやテクニックの確認作業を行います。

ここでも複数のダンサーがそれぞれにスペースを見つけて、他の方の迷惑にならないように本番に向けた準備をするのですが、SoRaの生徒たちも大人の先生たちに混じってしっかり準備を行うことができました。

さあ本番、やはり努力をして準備した分の成果は、今回出演した生徒たち全員に見ることができました。本番は舞台袖から見守りましたが、バレエダンサーとしてステージに立った時に、可愛らしく、各々個性の中にもちょっぴり美しさを備え、立派な踊り手とてそれぞれの作品を精一杯表現してくれました。

【プチ講評】

「パ・ド・トロワ」・・・初めて広い舞台でヴァリエーションを踊りました。とても楽しく踊っている姿は、観ている人の気持ちまで幸せにしてくれます。今回はバレエシューズでの参加となりましたが次回はポアントで踊りましょう。

「フロリナ王女」・・・前回の作品より難しいヴァリエーション。指の力でよく踏ん張りました。足も力強く使え、日頃の練習の成果を見ることができ、とても美しく踊ることができたと思います。

「オーロラ姫」・・・テクニックやキャラクター共にとっても難しい踊り。日々の練習と舞台経験を重ねることで安定感が増してきています。最後のところの立て直しができたのも、レッスンの賜物です。

「サタネラ」・・・作品自体がとても可愛らしく、彼女にぴったりな役どころ。実際には、可愛らしさの中にも大変な要素が多く含まれる作品に向き合い、その頑張りはとても評価でき、可能性があると感じました。

※今回の公演については、クレオ大阪中央の新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインを遵守し開催されました。

他主催公演への参加(前編)

1/31(日)に大阪市天王寺区にあるクレオ大阪中央の大ホールにて、みなみバレエスクール主催による「THE LIGHT FANTASTIC 2021 ザ・ライト・ファンタスティック」が開催され、市原典子バレエアカデミーSoRa[空]の生徒も出演させていただきました。

当アカデミーでは、交流のある先生の公演やお教室の発表会にも希望する生徒には、出演機会を設けています。今回は、8団体、大阪の他に神戸や奈良といったところのお教室も参加されていました。

他主催の舞台では、他の出演者や先生方もいらっしゃるので生徒たちには、楽屋での振る舞い、ご挨拶もしっかりできるようになることで、小さな自分の存在を少しでも皆さんに認めてもらうことはとても重要なことです。

また、山本隆之さん、青木崇さん、水城卓哉さん、新国立劇場バレエ団のプリンシパルの福岡雄大さん等、豪華な男性ダンサーが出演されていたので「しっかりリハーサルを見ておくように」と生徒たちに研究課題を出しました。

バレエのコンクール会場でも同じですが、身体のウォーミングアップは各自場所を見つけ行います。

自己管理しながら自分の出番の時間に合わせ、集中力を高めていきます。

とは言ってもまだまだ子ども、空き時間にはトランプで遊んだりし、おしゃべりしたり楽しく過ごしていました。

うれしく、頼もしい瞬間

大阪での緊急事態宣言期間中は、全クラスのレッスンを20時に終了することにしています。

金曜日については、時間割の都合で小学生高学年のBクラスと中高生のAクラスを合同クラスにしているのですが、なかなか良いことがたくさんあります。

下級生にとっては、「ピルエット」が2回まわれたり、「グラン・パドゥシャ」が一直線に飛べたりする上級生のお姉さんたちと一緒にレッスンを受けれることは、とても刺激になります。

上級生にとっても、下級生たちのお手本となるところを見せなければなりませんし、気がつけば下級生の成長ぶりに、うかうかしてられないと危機感を持つこともあるかもしれません。

また、先週SoRaの発表会のリハーサルのために今村先生が来られました。

生徒たちには、先生がいらっしゃったら、きちっとご挨拶をしなさいよと伝えていたところ、一番幼い生徒が今村先生のところに行って「おはようございます、大きくなったら、わたしと踊ってください」と突然のラブコール♥

先生からも「早く大きくなって上手になってね」とやさしくお声がけをいただきました。

子どもたちは日々成長しています。うれしく、頼もしく感じた瞬間でした。

緊急事態宣言期間中の対応について

大阪でも緊急事態宣言が発出され、1/14~2/7の間につきましては、既にお知らせのとおり各クラスのレッスン時間を少しづつ短縮し、すべてのクラスを20時までといたしました。

当アカデミーにおける感染拡大防止のための予防策をしっかり行い、生徒達はこれまでと変わりなく元気にレッスンに励んでいます。

引き続き、保護者の皆様にはご協力いただきますようお願い申し上げます。

今日の出来事

今日は、朝からSoRaの教室で沖潮先生とたっぷり4時間リハーサルがありました。サーティホール(大東市文化ホール)で開催される「Gathering with dancers」Vol.2に私は沖潮先生とパ・ド・ドゥを踊らせていただきます。

そして今日、首都圏一都三県には再び緊急事態宣言が出され、ここ大阪でも緊急事態宣言の要請に向けた最終調整が行われました。

大変な状況ですがネガティブにならず、バレエがある生活を提供できるよう、しっかりやっていきたいと思っています。

そんな一日の終わりに、Aクラスの生徒一同からプレゼントをいただきました。

今日は私の誕生日でした。みんなありがとう。

大掃除

12月27日は、教室の大掃除をお願いしました。

上級生に混じって、Jr Bクラス(小学4~6年)の生徒も掃除に励みました。

リーダー3名に下級生を付け、指導してもらうやり方で時間を決めて取りかかり、黙々と仕事をこなして行きます。

みんな一生懸命で本当に助かりました。

毎年、大掃除を通してお互いのコミュニケーションが取れていきます。

大阪が城東区が今福が綺麗な街に。小さなことですが大切な事だと思っています。

皆の頑張りで予定より、早く終了しました。

ジュースで乾杯とJr Bのママ達からは、お菓子の差し入れをたくさん頂戴しました(笑)。

来年が、皆様にとって良い年でありますように。

ありがとうございました。

豊永太優先生によるSPクラスを実施いたしました

12月17日のJr Aクラスは、豊永太優先生をお迎えしスペシャルクラスとして実施しました。

沖潮先生や今村先生のクラスを受講した生徒たちは、少しずつ先生の言葉について、またパ・ド・ドゥについて理解してきた様子でした。

私の通常クラスでも太優先生のレッスンでの気付きが活かされ、「なぜ、このレッスンをするのか?」「なぜ、この注意が必要なのか?」「どのようにサポートしてもらっていたのか?」等など、頭と身体とそして心に生徒達の経験が少しづつ形になってきています。

発表会では、きっと素敵な踊りを披露してくれることと思います。

そのためにもバレエを正しくわかることが不可欠です。

コミュニケーション

12/17(木)のJr Aのクラスレッスンは、豊永太優先生のクラスになります。

通常であれば、私がクラスを受け持つのですが発表会に太優先生をゲストにお迎えし、SoRaの生徒と踊っていただくため、特別にレッスンをお願いしました。

生徒たちは、男女二人で踊る「パ・ド・ドゥ」に憧れ、発表会で踊りたいと希望するものの、実際に男性ゲストが現れると恥ずかしさと緊張で返事もできず、固まってしまいます。

男女ペアで踊る際には、お互いのコミュニケーションが不可欠になります。目線を送り、息を合わせ、互いのタイミングを取らなければ、技の精度も落ちてしまい、バレエの中の最大の見せ場となるシーンもどこか盛り上がりに欠くものとなってしまいます。

なので、これまで沖潮先生や今村先生にもお越しいただき、生徒たちに本番のイメージを体験させる取り組みを行ってきました。

どうか、少しでもコミュニケーションがとれるように、太優先生のクラスも緊張することなく、楽しんで学んで欲しいと思います。

しっかりご挨拶をして、わからないことは自分から先生に質問してみましょう。さあ、がんばって(笑)。

サイズ表の提出〆切

来年、バレエの発表会を開催するにあたり、本番用の衣装やタイツにポアント(トウシューズ)を用意しなければなりません。

生徒たちには、身長、体重、背丈、バスト、ウエスト、ヒップに足のサイズをサイズ表に記入し、期限までに提出をお願いしています。

本日がその〆切で、小さな生徒たちはすぐに提出してくれるのですが、上級生になってくると期限ギリギリまでなかなか提出してくれません。

その理由は、典子先生(私)に体重やウエストのサイズが知られてしまうので、期限いっぱい粘ってできるだけ身体が引き締まり、痩せているときにサイズを図ろうとしていたようです。

これも「乙女ごころ」でしょうか。

やはりサイズは1ミリでも少ないほうが良いみたいです(笑)。

大丈夫ですよ、皆きれいだから。

でも、男性ゲストと踊る生徒は、体重は軽いにこしたことはありません。お姫様をリフトする王子様のためにもがんばりましょうね。

クリスマスの飾り付け

特別クラスBのレッスン後に、クリスマスの飾り付けをお願いしました。

今回は生徒に、あなたたちのセンスで飾ってね、と軽くプレッシャー(笑)

高校生は学期末テストの真っ最中ですが、テストが終われば、Xmas、お正月にと子どもたちにとって楽しいイベントがたくさん待っていますね。

お稽古場が少しづつ華やかになっていきます・・

今年は、これまで私たちが経験したことがない出来事がたくさんありました。バレエと生きる、私たちはこれまで以上に助け合いながら前に進んでいくことが大切ではないかと思っています。

当アカデミーとって、小さな楽しみを生徒と共に共有できる事に感謝です。

冬の空気がキリっと気持ちよくなってきました。

今日も良い一日をお過ごしください。