電話 電話

大阪市城東区のバレエ教室 

市原典子バレエアカデミーSoRa[空]

カテゴリー: お知らせ

6/22は「リトル·バレエコネクション2024」です

6/22(土)サーティホールにて開催される「リトル・バレエコネクション2024」に当アカデミーから11名の生徒が出演いたします。

2月から練習はじめ、本日舞台衣装が届きました。本番まであと少し、楽しい舞台になるように頑張りましょう。

新入生募集中です

6月になりました。そろそろ子ども達も新しい環境になれてきたのではないでしょうか。当アカデミーでは、小学生1年生2名がキッズクラスからプレJrクラスへ、小学生1年生の3名がプレJrクラスからJrCクラスへ進級します。

【キッズクラス】では、音楽に対する感覚とバレエの基礎となる柔軟な身体を楽しく学び、先生やお友達と楽しくレッスンすることで集中力と協調性を高めます。

【プレJrクラス】では、レッスンバーを使ってバレエの「パ」(ステップ)を学び、ジュニアクラスへステップアップするための知識と体力を身につけ、頑張る力を育てます。

【JrCクラス】では、よりバレエのレッスンに近づけて、大人と同じ90分のクラスになります。

バレエによって得られるものは、子ども達にとって多岐にわたります。

●身体能力の向上:バレエは筋力、柔軟性、バランス感覚を養います。

●音楽性の育成:音楽に合わせ動くことで、リズム感覚や音楽的表現力が身につきます。

●集中力の強化:練習には集中力が必要で、これが学業など他の分野にも良い影響をあたえます。

●自己表現の学び:バレエを通して感情を表現す方法を学び、自己表現力が豊かになります。

●社交性の向上:クラスメートを協力しながら学ぶことで協調性やチームワークが育まれます。

●自信の構築:ステージでのパフォーマンスは、自信を付ける絶好の機会となります。

●規律と責任感:定期的な練習と先生の指導の下で、規律と責任感が養われます。

これらのメリットは、人の成長において非常に価値のあるものです。また、保護者の方におきましては、お子様が新しいスキルを身につけ、成長していく様子を見ることは大きな喜びではないでしょうか。

バレエによって培われる美しい立ち振る舞い、自信のある態度は多くの場面でプラスに評価されます。

体験レッスンなど、お気軽にお問い合わせください。

土曜日のJrA、Bクラス

5月から新しく講師の大塚春菜先生にクラスを担当していただいています。即興で振り付けられるアンシェヌマンを生徒達は先生の動きを集中して観察し、動きを頭に入れます。

バレエ講師は、アンシェヌマンを通して、生徒がバレエの基本から複雑な動きまでを習得するための重要な役割を果たします。

生徒が技術を磨き、表現力を高めることができるよう講師はざまざまなアンシェヌマンを用いてレッスンを行います。

舞台出演を終えて

4/29(日)明石市民会館アワーズホールにて開催されました「Twinkl・A・Ballet 2024 発表会」に市原典子バレエアカデミーSoRa[空]から、大西珠代はキトリの1幕を、私は沖潮先生とバヤデールをそれぞれ踊らせていただく機会を頂戴しました。(沖潮先生とのお写真はインスタで)

たくさんのつながりの中で主宰の神田明子先生とお知り合いになり、今回この舞台を通してまた新たな出会いが生まれ、たくさんの先生方との出会いに幸せを感じる一日となりました。

新しい先生のクラスがはじまります

5/11から土曜日のJrA、Bクラスは、新たに大塚春菜先生をお迎えすることとなりましたのでお知らせします。

当アカデミーの生徒達ひとり一人の可能性を大切に、その才能を最大限発揮できるよう、バレエにおける正しく豊富な知識と情熱をもって、成長をサポートしてまいります。

今後とも美優先生、美咲先生、春菜先生への暖かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

さくらの咲くころ

4月に入り、ジュニアクラスの生徒達は、大学生、高校生、中学生へとそれぞれ進級します。

プレジュニアの中には、小学校に進級する生徒もいます。お勉強にバレエに精一杯頑張ってくれることを願っています。

新しい環境で人と出会い、これまで経験したことがなかった出来事に遭遇し、それもまた新しいステージへステップアップする成長過程の醍醐味かもしれません。

新しい扉を開いていっぽ前へふみだす、春はそんな季節ですね。

お子様からおとなの方まで、当アカデミーでは、随時体験レッスンを受け付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お子様バレリーナ達の成長

キッズクラスに3歳、4歳で入会した生徒がプレJrに進級し、この春から晴れて小学生になります。入会してすぐの頃は、お友達と一緒にストレッチやリズム運動を通して、先生のお話と音楽が聞こえる「耳」と周りを見る「目」を養います。

子ども達のやる気を引き出すためには、できなかったことができるようになることが一番のモチベーションになります。レッスン中にできなかったことは「お家で練習してね!」と宿題を出すこともあります。

努力するとできることが増える、できることが増えるとバレエがもっと楽しくなる。お子様バレリーナ達は、着実に成長しています。

The Light Fantastic 2024・後編

1/28(日)クレオ大阪中央で開催されました「The Light Fantastic 2024」には、市原典子バレエアカデミーSoRa[空]から4名の生徒が出演いたしました。

生徒達は、10月から練習がスタートし、筋力や柔軟性などの基礎力をアップさせ、時には自己流になってしまっているところを一旦リセットし、作品を構成するテクニックの習得に努めてまいりました。

今回の舞台でも、たくさんの学びを得たのではないでしょうか。

【パリの炎】

出てきた時からかわいらしく立派なバレリーナでした。衣装も踊りも彼女のキャラクターにぴったり。この作品は自分で選んだものです。

【パ・ド・カトル】

ジャンプが多く、体力的に大変な作品を見事に踊りきりました。前日もバレエをしながら塾へ行く、勉強との両立もすばらしいことです。

【リラの精】

身体が柔らかく足も上がる彼女には、この作品を選びました。とても立派に踊りきり、将来が楽しみなバレリーナです。

【チャイコフスキー】

学業が忙しくあまりリハーサルができませんでしたが圧巻の踊りでした。メイクをお手伝いいただき助かりました。これからも多様な作品にチャレンジしてほしいです。

The Light Fantastic 2024・前編

今回の「The Light Fantastic 2024」では、大阪をはじめ兵庫、奈良、京都から9団体のバレエ教室が参加し、当アカデミーからは4名の生徒達が出演しました。

朝10時に会場入りしメイクアップから始まります。

そして身体を動かせるスペースを見つけウォーミングアップです。舞台上は舞台スタッフが本番のための設営に奮闘中で使うことができません。

SoRa[空]の場当たりは午後一番、いただける時間は5分間です。時間が来るまでしばしスタンバイです。

今回出演する4名の生徒は、慣れた様子で舞台袖からセンターまでの距離や奥行きなど確認していきます。

わたしは客席からマイクを持って生徒達に場当たりの指示を出しつつ、アイシャドーや口紅の色など、客席から観たときにお客様からいかに可愛らしく見えるか、と言う視点でメイクの修正箇所を確認します。

1/28みなみバレエスクール主催 The Light Fantastic 2024

1月28日は、みなみバレエスクール主催のThe Light Fantastic 2024の本番がクレオ大阪で開催されます。

市原典子バレエアカデミーSoRa[空]からは4人の生徒が出演します。

パリの炎よりVa

パ・ド・カトルよりVa

リラの精のVa

チャイコフスキーのVa

本番に向け、各自が課題に取り組み、より良い舞台となるようしっかり準備、調整します。

お時間のある方はぜひお越しくださいませ。

●1月28日(日) クレオ大阪中央 17時開演